うっかり主婦のおバカな日常とこども英会話ぷらすスピードランニング

小さい子供を持つ主婦の、能天気な暮らしぶりと、小さな悩みについて。 英会話に興味あり。 こども英会話のミネルヴァとスピードランニングを実践中.アメリカ親子留学にも行ってきました♪
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告していたこども英会話のミネルヴァ衝撃懇談会の巻の始まりです~。
ぐちっぽいのが苦手な方は飛ばしてくださいね~

こども英会話のミネルヴァでは普通の英検より実践的ですばらしいとされる(営業さん談)オリジナル英検を年1回タダで受けることが出来ます。
うちが英検を受ける気にならなかったのは、この検定を受けてさえいれば、ちゃんと進度が図れると思っていたからでした。

先日、そのテストに二人して受かり、心配していた(?)次女もA判定をもらい喜んだしばらく後に事件は起こりました。

その日は懇談会。
授業は全くなく、先生と父兄の懇談会なのでほとんどの子供は家でお留守番です。
まあ、そのせいもあって聞いてみたいことなんかも気軽に聞けます。(多分)

さて、去年こども英会話のミネルヴァともめた事件を覚えていらっしゃるでしょうか?

そう、ちょっと強引とも言える勧誘の中、二人一緒のクラスで通えるのなら・・・という条件で6年間使えると言う教材を高いな~と思いながら買ったのに、次の年になって実はこども英会話のミネルヴァには3学年以上はなれると一緒のクラスに出来ないという規定がありましたのでクラスを変って欲しいと要望があったのです。

その他もっともらしいことを言われ、1度はうなずきましたが下の子はおねえちゃんと一緒にやりたくておお泣きするし、実際通ってみるとど~も先生から言われた事はでたらめなのでは?と思うことがいろいろありました。

ネットでどんな評判なのか調べてみるとこんなのや・・・こんなのや・・・こんなのや・・・。

でも、子供はクラスを分けられるまで楽しく通っていたし、授業参観では先生からの英語の質問に見事英文で答え、授業内容には何も問題はなさそうに見えた。(実際はそう見えただけだったのだけれど)
それに何といっても6年生まで使えると言うもう買ってしまった教材費が惜しい!!


そこでもう一度クラスを一緒にしてもらうよう掛け合いましたが規則だからの1点張りでらちがあかず、最後はお客様苦情センターに電話して訴えたら其の日のうちに支店長からお詫びの電話がありさっと要求が通りました。

今までの苦労はいったいなんだったんだ・・・と思いつつも次女がまた喜んで通うようになったし、授業参観でも他の子に決して引けを取ってないどころか、ゲームでは1番になっていたりさえしました。

もう安心だ・・と思っていたら今年の懇談会でもまた、クラスを分けて欲しいと言われました。

またかっ!!

ここの教室の先生や営業さんは学習能力がないのか!!

・・・まあ、すぐ下のクラスは人数的にさびし~いクラスなのでバランスを取りたいみたいだけれど、また1からCATとかも読めないクラスでやるのははっきり行って時間の無駄に思えました。(こども英会話のミネルヴァでは1~2年生で初めて単語を読み始めます)

もう100単語以上読めて、文章も簡単なものなら読めるのに・・・。

そのことを言うと、たまちゃんは文字がちゃんとかけないし、ゲームの理解が足りないと言うのがのです。

は?そうだっけ?

でも、ここは謙虚にと思い足りない部分があるなら帰りにでも私に教えてくれれば家でやってきますと言えば
「そういう話をしているのではない」とはぐらかされ、アルファベットの練習だけしてくださいとのことでした。

アルファベットはもうとうの昔に教えたので書けないはずないな~と思ってたのですが、不振に思って家に帰ってから書かせてみると、見なくても書けるではないですか・・・・・・。

確かに、お姉ちゃんと比べるといびつかもしれないけれど、これを書けないって言うかなあ・・・。

どう考えても言いがかりとしか思えません。



確かにたまちゃんは時々鏡文字になる。
でも、字はちゃんと書ける。
ちなみにウチで単語を練習しているノートです。
レベルは低いけれど、ちゃんと書いています。
ちなみに下の画像はたまちゃんの練習ノートです。

20072008冬 001


先日の授業参観では、どのゲームもちゃんとやっていた上に、種目によっては一番になっていたものもあったのににわかには信じがたい話です。
でも、その場では子供に確かめることが出来ず、帰って二人に話を聞きました。
すると・・・

長女の話では、ルールの難しいゲームでは、確かにたまちゃんはわからなかったようだけれど、他にもわからない子がいたのでそのつど先生が教えていたそうです。


じゃあなんで?

「二人一緒なら・・・。という条件で入れたのに」と言ったら、今はその話をしているんじゃありませんと軽く無視され、しばらくしてもう一度このことを口にしたら、「そのことは置いといて」と、またまた無視です。

もうこの時点でここは信用ならないからやめようと思いましたが、6年生まで使える教材だから、決して高くないですよ~と言われて買った教材がもったいなくって決めかねていました。

・・・でも、追加で決定打がありました。

ここまで先生が自分の授業に自信を持っているなら、ミネルバの授業の質はさぞかし高いのだろうと思うかもしれませんが、父兄のうち二人が恐ろしいことを言い出しました。

二人ともそれぞれ幼稚園からミネルバに行っていたお兄ちゃんを持っているのですが、

中学に入学してみたら、英語のテストが悪くてビックリした。」
と言いだしたのです

え・・・・・・・・?

耳を疑いました。

中学1年と言えばThis is a penから始まり、アンケートなどで見ても英語が好きと答える人が多く、英語を習ったことがなくてもテストで高得点を取れる時期です。

そんな簡単な時期の実力すら何年通っても身についていないのかと思ったらすごくがっかりしました。
ちなみに体験学習のとき、うちの教室には他にはない前置詞カードがあるのでどの子も簡単に覚えてしまうといっていたのに、幼稚園から通っても身につかなかったのか・・・。>(2人の父兄によると特に前置詞などの穴埋めが出来ないとの事です。)

このお兄ちゃんたちもこども英会話のミネルヴァオリジナル英検を受けているはずなんですが・・・いったいどういうものだったんでしょうか?

うちも毎年受けてクラス全員が合格し、「おめでとうございます~♪」と言われてきたけれど、全く意味がなかったのか・・・
追加料金なしで全員受けられるので、うちは英検受けなくてもコレがあるから進度がわかっていいや~♪
・・・と喜んでいた私がどうやら世間知らずだったようです。



そういえば1年ほど前、ミネルバのあまりの態度にぶちきれてやめた人がいました。(幼稚園で知り合ったので同じクラスではありませんが、同じ教室に通っていたようです。)

その子は3歳で入ったのですが、翌年新しい子が入るとまたまるっきり同じ授業を受けさされたようです。

それだけでもショックでしょうが、今年は復習の年だと思えば何とか諦めが付いたのでしょう。

・・・でも、恐ろしいことに、更に新しい子がクラスに入ってきたため、翌年もまるっきり同じ授業をされたそうです。
ミネルバが言う3学年差までを同じクラスにすると言うことをきっちり守ったクラス編成ですね・・・。

その子は3年も同じ事をするのは嫌だと泣きにないて、お母さんも3年分の努力と月謝と6年生まで一括で買わされた教材費(10万円)をドブに捨てる決意をしたそうです。

やめると言ったとたん「上のクラスに編入できることになったから・・・。」と電話がかかってきたそうですが、もう信頼出来なくなっていたのでやめることを選んだようです。


・・・でも、それは正解だと思います。

達成度別ではなく、年齢や学年だけで英語暦5年インター育ち5歳も、3歳で英語なんか習ったこともない子供と一緒に学習するなんてちょっと考えても無理なんですよね。
(まあ、これは例えですが)

でも、規定だからとかたくなに崩さない。(但し入学させるためにその年限りだと知らせずに入れることはあるが。)

こんな学習内容では何年習っても中1で躓く程度の学習しか出来ないと思う。
ひどければ低学年用の同じ授業を3年間受け続け、やっと4年になったとしても定員より少ないクラスだったらまた3年同じ授業かも知れないし・・・。

・・・でも、知ってのとおり、惰性でやって英語力が定着するかと言うとそうでもない。
3年やってもどこが弱いかいろいろな角度から見ていかないと、「英語を習っている。」気にさせてしまって終わってしまう。


でも、この話を私は1年前に聞いていたはずなのに6年生まで買った教材が惜しいという心が働いて良く考えるようになってしまったようです。
先生の発音は日本人離れして綺麗だったし。
ベテランと聞いていたし。

クラスも定員いっぱいぐらいでもう新しい人は入ってこないんじゃあないかな~?という甘い見通しもあったし。

まあでも、3学年一緒はこども英会話のミネルヴァのポリシーなのだから私がとやかく言っても仕方がありません。
でも、事前に出来ないなら出来ないと教えてくれず、とにかくいいことを並べて教室に突っ込む其の姿勢には疑問がわきます。

そしてこういう授業形態の中で、こども英会話のミネルヴァ習った子は実際は実力もないのに自分は出来ると思い込んでいるうちに中学1年生の段階で英語なんかやったこともない子にやすやすと追い抜かれていくのです。

二人の父兄の二人の息子ともが揃って英語が出来なかったのは、正直言って本当にショックでした。
これがせめて中二ぐらいの話なら授業内容も難しくなるから、まあわかるんだけど幼稚園から通って中1でつまずくのか・・・

そして、二人の父兄がこのことを心配して訴えた事に対する答えは「もうすぐ芽が出ますので心配要りません。」でした。

2人の父兄「何年間もそういわれたのですが・・・。」と更に突っ込むと、「いま、大きなつぼみがふくらんでいるところですよ~。」と言っていました。
なんか、いんちき商法みたいで

「は?」

と言う感じでした。言い訳にしても苦しすぎる。
せめて論理的なアドバイスとかして欲しかった。

さらに、のんきな私は気がつかなかったけれど、ある父兄が、「子供は英単語や文を口にするけれど、意味を聞いたら答えられなかった。」
と言っていました。←(しかもHeとかSheのレベルで。今のクラスは3~4年生クラスです。)

更にあいさつ文では眠くても風邪でも機嫌が悪くても「Fine」と返ってくると・・・。

この件についても子供に聞いてみると
「そうだよ~。だるくても、調子悪くてもみんなそういってるし、先生も何も言わないよ~。」

・・・と言うことでした。


いままで任せっぱなしだった私も悪いのですが、心配になって
3年間教室でまずいってきた
「何色が好きですか?」
と言う問いを英文でしました。

そしたら授業参観で見たとおりちゃんと答えられました。

でも、「こんどはお母さんに同じように質問してみて?」

と言うとサッパリ出来ませんでした。(ちなみに家で私が教えたのは当然出来る)
他の子に聞いても出来ないようです。
つまり惰性で3年間同じ事をやっただけで、たとえば交代で言うとか、友達同士で言わせるとか、そういう工夫を怠ったと言うことになります。
定着のための繰り返しと言うより完全に惰性と言うことになります。
しかも、勉強だけでなく、肝心の英会話さえ全然身に付いていないということです

ところで週1回の英会話教室にすごく期待したかというと実はそうでもないです。
外人のようにぺらぺらにはならないと思っていたし、テストで高得点を取るともおもっていませんでした。

・・・でも幼稚園から通って中1でつまずくのはひどすぎるし、定型文がいくつか喋れるだけなら2歳児の会話にすら追いつかない。



まあ、そこまででも十分やめる理由になるのですが、一番許せなかったのがコレ!!
私に娘2人のクラスを分ける気がないと思うや

「授業中上の子が下の面倒を見ていることがあるけれど、可愛そうです。きっとすごく負担にかんじているとおもいますよ。同じクラスにするべきではないんです!」・・・などと言い出す始末。

家に帰って長女に聞いてみたら、

「大丈夫だけど?それよりクラス分かれるならゆいもやめるから。とのことでした。」

下の子も、お姉ちゃんいないならやめる。
との事でした。

上の子が、下の子の面倒を見るのはいけないことなんでしょうか?
可愛そうなことなんでしょうか?

私なら、よくやった!!!と最大級の賛辞を送ります。


実は長女はソロバン教室でも次女の面倒どころか下級生、同級生で級が下の子の面倒まで見ています。

あんまり働くので帰ってこっそりバイト代をやったほどです。(100円ですが)

ソロバンの先生が手術してしばらくこれなくなるのを知ったもう一人の助手の先生も
「ゆいちゃん、絶対来てよ~!!当てにしてるからね~!!」
なんて言われていますが、娘は当てにされてすごく嬉しいようです。

また、生徒どころか足を痛めた先生がソロバンの重い荷物を持とうとするといつも飛んでいって持ってあげます。

「それ重たいからお母さんが持ってあげるよ~。」
といっても、余計な世話だったようで
「ゆいが持ちたいの!!」

・・・と言われてしまいました。

先生はそんなゆいにすごく感謝していつも褒めてくれます。
他の子の面倒を見るときもそうです。

ちなみに他の子も答え合わせの時間など、暇なときに小さい子の面倒を見てやっています。
休み時間も。

それでもみんな少しづつのびる子、急に伸びる子、さまざまながら力をつけていっています。
ゆいも仙台の大会で一部門とは言え3位をいただくまでになりました。

他の子のお世話を授業中にする子はかわいそうな子でしょうか?
私はそうは思いません。

自分の事だけやったらイイと思う子のほうがかわいそうとさえ感じます。
多分この先生とは根本的に考え方が違うのだと思います。
結婚していないから・・・とか、子供がいないから・・・なんて画一的に考える気はありませんが、子供が伸びるために何が必要かわからないのかな・・・。
とても残念です。
英語の発音の綺麗な先生だったんだけど・・・。それだけで力のある先生だと思ってしまった私のミスです。

ウチは2人習っているので毎月14700円かかります。
14700円×12ヶ月=176400円

三年習ったので×3=52万9200円プラス教材費10万円=62万9200円
・・・ドブにすててしまいました・・・。高い勉強代ですが、あと三年通って時間もお金も無駄にすることを思えば半額ですんでよかったのかな?

ところで、こども英会話のミネルヴァ、子供らにとって楽しくなかったかと言えばそうでもなく、楽しかったようです。

娘「楽しかったよ? 子ども会のゲームみたいで皆でワーッと遊べるし。勉強はお母さんが教えてくれるから簡単だったよ~♪」←(今家庭では3級の問題集をやっている。)


・・・・・・そうでしたか。よかったと言うべきなんでしょうか・・・。
遊ぶためだけだったら手品教室にでも通わせた方が身になったような気がするんですけど・・・


まあ、いろいろ書きましたが、先生には当たりはずれがありますので、良い先生もおられます。皆がこの先生のようではないということは心に留めておいて下さい。

去年、クラスを離されそうになった時、お客様センターのことを気の毒そうに教えてくださった別の先生はとても勉強熱心で向上心もあります。
こちらで教わりたかったです

また、期間限定のママコースの先生は話し上手で楽しい授業を心がけてくださいました。

実はこども英会話のミネルヴァの別コース(夏だけ遠かったけれど自転車で通っていた)の外国人先生と、補助の日本人先生は子供らをすごく可愛がってくれました。(うちより少し大きいぐらいの娘さんがいらっしゃるから慣れてるせいもあるのかな?)
ちなみに、こちらも娘たち2人一緒のクラスですが、こっちのほうが丁寧に教えてくれたと娘が言っていました。
対応もいつも丁寧で、いつも授業の内容と娘たちの様子を詳しく話してくださいました。(うちに限らず全ての生徒に)

こっちのほうは続けたかったのですが、基本コースを受けてないといけないのであきらめました。
でも、とってもお世話になったのでお菓子でも持ってそのうちご挨拶に行こうかな♪

けっこうぷんぷんしちゃったけれど、今はもうブログに書いて結構すっきりしました~♪
皆様、聞いてくれてありがとう!!!!

62万9200円は惜~し~い~けれど、早くわかってよかったと思うことにします☆



スピードラーニングの体験談の取材は2月6日に決まりました。
当日の服装としては、襟のある服(タートルとかではなく)の方がいいですが、フォーマルすぎなくてもいいですよ~と言われました。

三時間ぐらいかかるそうなので子供のいない10時ぐらいから来て頂く事になりました。(子供がいると、せっかくきれいに片付けてもすぐゴミだめになる~!!)

今日もスピードラーニングを聞きつつこれからお掃除しま~す♪







スポンサーサイト
しばら~くこども英会話のミネルヴァの記事を書いていませんでしたが、実はトラブルの経過を見守っていました。


別に先生が悪いとかそういうのではなくて事務局や営業のミス・・・になるのかな?

初めて体験レッスンに行った時、姉妹2人一緒のクラスでないと入れないと営業担当の人?に言ったのですが、一緒でいいから是非入ってほしいと言われました。
教材も一人分買ってくれたらもう一人の分は貸し出すので心配ないし、先生も力のある人だから心配ない・・・と。

下の子は私よりも(残念ながら?)姉が好きというお姉ちゃん子なので何でもお姉ちゃんとやりたがります。

それに将来二人で行ってくれれば道中の心配が少なくなります。

前置詞を教える独特のカードや繰り返しが多くてアメリカの幼児教育に取り入れられているのと同じ方式の絵本、それにフォニックスがたのしく遊びながら身につくというのは大変魅力的なので入会しました。(即決はしませんでしたが。)

教材は6年分を一括で買う事になります。二人で約十万円でしたが、2人合わせて12年使えるのだから、それほど高いわけではありません。
それに家でも進めていきたいほうなのでちょっとずつ教材を渡されるより、カードを、そして本を先にど~んと渡されるほうが都合がよくもありました。(去年システムが変わり教材費は2万円程度になったようです)

でも、6年分一括で教材を買ったのだから、少なくとも6年間はクラスが一緒だと私は思っていました。

それなのに、次の年にはお姉ちゃんと力の差があるからと言われ、クラスを分けられてしまいました。


・・・でもたまちゃんは、親の贔屓目かも知れないけれど、こども英会話のミネルヴァにはいる前の1年間(幼稚園に入るまでの1年間)、インターで週90分×4回のペースで通学していたので実は姉よりずっと出来るのです

姉のほうは3歳の頃英会話に通っていたものの、転勤ですぐやめ、仙台に来てからは次女が小さくて大変だったので英語を習わせるどころではありませんでした。
1年生になってやっとこども英会話のミネルヴァにはいったのです(ごめんよ~~



・・・な~んか微妙におかしいクラス編成だなあ・・・と思ってよく考えたら、どうもクラス編成の都合のような気がしてきました。

こども英会話のミネルヴァは最高6人定員なので元々少数なのですが、入った年は3人でやっていました。
それでは効率が悪いので人数の少ないところに分けていれて定員ぴったりにしたかったようです。(個人的見解です。・・・でも、そうとしか思えない新しいクラスのそれぞれの人数・・・。)

企業の戦略としては正しいのかもしれないけれど、入会時の約束を簡単に反故にされたらたまったものではありません。

先生に相談してみても●●支部には逆らえないようで、「年齢差があるから出来ない」の一点張りで今ひとつ頼りになりません。(実力のあるいい先生なんですが)

教材は6年分買ってしまったし、英語力は確かに伸びたので他の教室に変えるのももったいないです。

・・・思い余って以前から交流のあるこども英会話のミネルヴァの先生をしていらっしゃるブロガーさんに相談してみました。

・・・すると、直接の生徒でもないのにすごく親身になってくださり、いい案も教えてくれました。

それは、こども英会話のミネルヴァのお客様相談室に相談する事。

こども英会話のミネルヴァは全国に1000箇所以上ある大手ですが、だからこそ支部の対応レベルや先生にもばらつきがあるようです。(あってはならない事ですが、雇用関係を結ぶと簡単には解雇できないと思われます。)

仙台は3人の先生を知っていますがいずれもレベルが高く、かなりの成果を上げられる先生ばかりです。

・・・でも、先生を統括するべき支部はあまり良くなくて、過去5年の間に知っているだけで4回のトラブルを出しています。(お友達や近所の人でそういう人がいました。私が知らないものを含めるともっとあるかも?)

聞いてみるといずれも先生と言うより支部の責任なのですが、その中のたった一人の営業員が起こしているようです。(年齢、性別、容姿などから)

・・・でも、その営業員がうちの教室の直接の担当になっているので時々トラブルになっているようです。



さて、教えてもらったとおりこども英会話のミネルヴァのお客様相談室に電話してみました。

こちらの対応は、さすがプロ!!!!!!!と言った対応で満足のいくものでした。
例の営業さんとは悪いけれど月とすっぽんです。

しかもその日のうちになんと支店長からお詫びの電話がかかってきました。

更にその営業の人を連れて自宅にまでお詫びに来てくれました。

・・・が最初は次女の編入には積極的ではなく、年齢が4歳ではアルファべットがかけないのでついていけないのでは?
とか、
筆圧が低いのでそもそもまともに字がかけないので上のクラスはむりだとかやらせてもいないのに決めてかかっています。


でも4歳後半の女の子と言えば、幼稚園でひらがなのお手紙のやり取りなどをすでにしている年です。つわものは、みようみまねで漢字まで書いています。(うちは最近まで漢字は書けませんでしたが)

筆圧が低いとか、アルファベットがかけないとか言われてもこちらは?????と言う感じです。全く理由になっていません。

・・・というか、お姉ちゃんと一緒に練習していたのでもうすでにアルファベットも全部書けます。(小学生用のマス目がある程度小さいもので書いています)

見せてあげたらびっくりしていたようだけれど、4歳でかけないと思い込んでいるあたりは教育関係者でしかも支店長なのにちょっと意外でした。(物腰は柔らかで、対応は丁寧な人でしたが)

また、お姉ちゃんのクラスでは文字の読みも入るのでついていけるか心配もしていました。

・・・でも、少なくともこども英会話のミネルヴァのカード約百枚はもう全部覚えちゃって姉より早く読めるので、実際にやって見せました。


ちなみにこども英会話のミネルヴァの英語絵本約十冊も毎晩繰り返し読んでやっていたので歌の歌詞など字が小さいものを除けば自分でも読めます。



・・・まあ、そんなこんなで納得してもらって無事おねえちゃんのクラスに編入できる事になりました。

そして5ヵ月後、はじめての授業参観がありました。

その日はいつもの先生のほかに外国人の先生が来てレッスンします。

大口をたたいたものの、本当についていけてるのか心配でしたが、他のお姉ちゃん、お兄ちゃんに引けを取ることなくとっても楽しくやっていました♪

文字カルタももちろん取れていましたよ☆
外国人の先生との英語のやり取りもばっちりでした♪

しかも他の父兄から「たまちゃんすごいんだってね~、クラスで1番出来ると娘が言ってたよ。」などと言っていただけました。

さらに授業が終わった後、外国人の先生が私のところにやって来て「たまちゃんは賢い!クラスでいちばんよく出来る!!」
と、わざわざ言ってくださったのです。
このクラスに入れるのにすごく苦労しただけにちょっと感激でした
あきらめなくて良かった♪

あ、でも、お姉ちゃんの名誉のために言っておきますが、お姉ちゃんも私と一緒にスピードランニングをやって聞き取りの力を鍛え、今ではたまちゃんと同じぐらい聞き取れると思います。
もちろんこども英会話のミネルヴァのCDのおかげでもあります。

たまちゃん同様にこども英会話のミネルヴァのカードも全部読めますよ♪(速さではたまちゃんに負けますが)


ドキドキして行った授業参観ですが、とってもうれしい気分で帰ってきました♪

トラブルはあったもののここで続けたいと思っています♪



こども英会話のミネルヴァでは年に一回テストがあります。

二人ともミネルヴァに入って約1年なのでテストを受けるのは初めてです。


長女はテストを受ける前は苦手な読み書きの事を思って心配していましたが、実際はCDから流れる英語を聞き取って3つの中から丸をつけるだけだったのでかんたんだったようです。

問題は50問で、分からなかったものは2問だといっていました。
そのうち1問は他の2つが絶対違う答えだったので残りの1つに丸をつけたそうですが、多分正解だと思います。
これなら受かっているかな?

思ったより簡単なテストでしたが、まずは達成感を味わうのはイイですね!
行きしなはちょっと心配気でしたが、帰りしなは浮き浮きして出てきました♪




次女もテストを受けました。

こちらもCDから流れる英語の指示(頭を触るなど?)に従えるかのテストだったようです。
生まれて初めてテストを受ける次女はそれがテストと思ってやったのかは超アヤシイんですが、やっぱり「たのしかった~!」と言って出てきました。
先生が良く出来ていたといってくれていたのでこちらも受かりそうかな?

早く結果が来ないかな~!!

下のほうにある字をクリックすると、現時点で存在するこども英会話のミネルヴァに行っている2人の子供の体験談のページに飛びます。


抜けているナンバーは私が習った内容(ママONLYコース)なので飛ばしています。

こども英会話のミネルヴァ2

↑総まとめ的な記事

1回1回のミネルヴァ・英語関連記事↓(ここから下すべて)
こども英会話のミネルヴァ8


英語絵本の読み聞かせ


こども英会話のミネルヴァ11


こども英会話のミネルヴァ12


こども英会話のミネルヴァ14


こども英会話のミネルヴァ15


ブリティシュ・ヒルズ


こども英会話のミネルヴァで次女の授業参観に続き小2の娘の授業参観に行って来ました。
実は2年生になってから上のクラスに編入したので少してこずっているという話を聞いていたのですが、特に他の生徒とかわりなく楽しそうにやっていたので安心しました。

内容は前のクラスよりは高度で読み書きも入っています。
こども英会話のミネルヴァに子供を入れていたお友達の話によると(今お子さんは大学生)ミネルヴァではあまり読み書きをやっていなかったらしいのですが、今は変わって読み書きに力を入れているようです。
理由は多分

せっかく英会話を習わせているのに学校の成績が悪い!!

という父兄からの苦情のようです。
そもそも塾と英会話教室は違うと思うのですが、(外人がテストを受けてもいい点数が取れるとは限らないらないし)
前向きに検討した結果そうなったようです。
(今でも父兄の意見を聞くために1年に一回アンケートが配られ全員提出する事になっています。)

今は中学、高校コースはテスト前に対策授業をやるようですね。

小学生コースは遊び中心ですが、読み書きを小学校から少しずつやってくれることは嬉しいです!!
記憶の定着にはかかせないみたいなので。

小学生のうちに日本語をみたいに読み書きできたら一番なのですが、どのくらいのレベルまで行けるのか楽しみです!

こども英会話のミネルヴァでは、毎年1回検定があるのですが、もうすぐ受ける事になっています。

英語の指示にどの程度従えるかと、読み書きが少しあるようです。
先生は、全員受かる!!といっていたので簡単な内容なのだと思いますが、けっこうワクワクしています♪



下のほうにある字をクリックすると、現時点で存在するこども英会話のミネルヴァに行っている2人の子供の体験談のページに飛びます。



こども英会話のミネルヴァ2

↑総まとめ的な記事

1回1回のミネルヴァ・英語関連記事↓(ここから下すべて)
こども英会話のミネルヴァ8


英語絵本の読み聞かせ


こども英会話のミネルヴァ11


こども英会話のミネルヴァ12


こども英会話のミネルヴァ14


こども英会話のミネルヴァ15/a>


ブリティシュ・ヒルズ


抜けているナンバーは私が習った内容(ママONLYコース)なので飛ばしています.
こども英会話のミネルヴァで今、小2の娘がフォニックスを習っています。
正確には文字の読みはずっと前から習っていたのですが、エービーシー読みと混同しててこずったようです。

でも、とにかく読めるようになりました。

今練習しているのは、「bed][elephant][fish][rabbit][arrow]
[lizard][parrot][desk][pencil][witch][ant][giraffe][octopus]
[snowman][frog]の単語カードです。
ミネルヴァ指導表を見るとこれを3ヶ月間みっちりやるようです。
うちはこのクラスより一つ下から編入したので結構苦労しましたが、なんとか読めるようになりました。(5~10秒かけて、一生懸命読んでいます。ミネルヴァのクラスの皆も時間をかけて読んでいるようです。)

うちぐらいの年齢ならもっと高度なことをやっているお家も多いと思いますが、とても嬉しかったので書いちゃいました

今年は読み書きに力を入れてうちでもおしえるぞ~!と意気込んでいたわりには計画倒れでしたが、まだ今年も半分残っているのでいろいろやってみたいです☆

もう一つの嬉しいことがありました☆
最近子供が自分で文を作って話しかけてくれることです。
(文法的に合っているかどうかはともかくとして。)

下の娘「Mammy`s hand is my pillow]

上の娘はもう少し長く喋りますが、それを聞いて感動したわりに、なんて言ったのかすっかり忘れてしまいました
くうう~!私のおバカ!!!
せっかく書こうと思ったのに!
今度は忘れないようメモしときます。(そのメモすらどこにおいたか良く忘れるのですが


下のほうにある字をクリックすると、現時点で存在するこども英会話のミネルヴァに行っている2人の子供の体験談のページに飛びます。


こども英会話のミネルヴァ2

↑総まとめ的な記事

1回1回のミネルヴァ・英語関連記事↓(ここから下すべて)
こども英会話のミネルヴァ8


英語絵本の読み聞かせ


こども英会話のミネルヴァ11


こども英会話のミネルヴァ12


ブリティシュ・ヒルズ


抜けているナンバーは私が習った内容(ママONLYコース)なので飛ばしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。