うっかり主婦のおバカな日常とこども英会話ぷらすスピードランニング

小さい子供を持つ主婦の、能天気な暮らしぶりと、小さな悩みについて。 英会話に興味あり。 こども英会話のミネルヴァとスピードランニングを実践中.アメリカ親子留学にも行ってきました♪
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、なが~く書き続けたタイ旅行記もこれで終わりです。

お昼ごはんを食べた後はアユタヤに出発です!

ところが、アユタヤでは数日前に洪水があったそうで、3日前に出発のツアーのお客さんは行けなかったそうです。

私たちは何とかギリギリ行く事ができました。
でも、低い道などはごらんの通りでひやひやしました。



20061125233620.jpg


道が見えないほど水があっても、水位が低ければバスも車もバイクもお構い無しに走ります。

浸水した家の子供などはそこで元気に水遊びしていました。
日本の軟弱な子供と違ってたくましい~!!!(写ってはいません)

20061127120525.jpg


タイではよく洪水が起こるので慣れているようです。
建物も高床式のものが多いと言う話です。
とはいえ、大変なことには変わりありません。

タイでは国王が大変人気だそうですが、洪水のたびに国王がかなりの金額を補助してくれるからのようです。
タイの王様の色である(多分)黄色いシャツを着ている人が目立ちます。
黄色いシャツ専門店などもあるそうです。

20061127120722.jpg


これは別に避難民の車ではありません。
あまり規則が厳しくないのか、このような光景を良く見かけました。
安全とはいい難いけれど、むか~し私もやって楽しかったのを思い出しました。
外は暑いので、多分荷台のほうが涼しいせいもあるのかな?






次に下の写真のような車(有料)に乗って、バンパイン宮殿を回りました。
車のスピードは凄く遅く、早歩き程度の早さです。
でも、子供連れで時間も限られているのでせっかくだから借りました。


20061127120112.jpg

20061127120152.jpg


修復中なのが残念でしたが綺麗でした♪

池の鯉に餌をやる事が出来るのですが、日本のコイと違ってどう見てもピラニアのような外見と色をしています。
パンをやると水しぶきを上げて食い尽くすので、ますますピラニアに見えて仕方がありません。

えさをやっているうちにスッポンらしき生き物も現れました。

20061127120244.jpg


中には美しい建物がいっぱい!!

20061127120439.jpg


20061127120317.jpg


優雅に写真をとろうとおもったら、次女は身長が足りずにこんなことに・・・。↑



今度は成功↓
お嬢様ごっこ!?


20061127120347.jpg


20061127120459.jpg

バニラのような香りの花。
子供たちは一生懸命拾っていました☆




その後寺院へ・・・

20061127120551.jpg



20061127120610.jpg


現地の人に混じってお参りしましたが、作法が分からず、次女は仏様に張るはずの金箔を仏様からはがし、母は金箔入りの紙だったと知らずに(金箔を取った後の)紙用ゴミ箱にそのままポイッ。
罰当たりな親子でした・・・。

お姉ちゃんは20061127120635.jpg


はすの花を持って王家の紋章ごっこ。
やっぱり罰当たりですね・・・。


20061127120657.jpg

不思議な音色の鐘でした。
タイに行かれるなら是非鳴らしてみてください♪




そして次は楽しみにしていた象さんに乗ってのお散歩です♪


20061127120752.jpg


スッゴク揺れますが、慣れるとへっちゃらです。
座ったまま手を伸ばすと象さんにさわれます。
20分ほどの散策でしたが、途中遺跡も見え、忘れられない思い出となりました☆


アユタヤ遺跡は戦争で焼けていましたが、それでも素晴らしかったです!!


20061127120814.jpg



20061127121105.jpg





生まれて10日の子犬だそうです。



20061127121048.jpg


犬嫌いの長女もおそるおそるさわっていました。


20061127121023.jpg


心霊写真ではないのでご安心ください。
壊された仏像の首が偶然木の根に絡まったまま成長したそうです。

この遺跡には首の無い古い仏像がたくさんあります。
遺跡はヨーロッパなどで高く売れたらしく、現地のど泥棒によって持ち去られたようです。

罰は当たらなかったのかと添乗員さんに聞いてみましたが、意外と古い神を信じていないのでへいきだったようです。

ただし、遺跡を買いあさった人の中には早死にした人もいるそうです。


ここでも綺麗ないい匂いのお花が咲いていました。
お姉さんたちに髪につけてもらいました。

20061127120833.jpg



20061127120858.jpg


お姉さんたちともパチリ☆


20061127120933.jpg





その後夕食を食べた後もう一度ライトアップされたアユタヤを見に行きました。
とても神々しい感じでしたが、デジカメには写らず残念です。


これで全工程終わりましたが、空港に行ってビックリ!!
飛行機が飛ばなくなったと言うではありませんか!!

・・・でも何とか1便前にギリギリもぐりこむ事が出来て無事帰りました♪


20061127121132.jpg


20061127121153.jpg



その後は成田から飛行機を乗り継いで仙台に・・・。

お姉さんたちと別れた後、子供たちは涙ポロポロでした。



でも、初めての海外旅行がこんなに楽しかったこと、子供たちは一生忘れないでしょう!!
20061127120955.jpg

スポンサーサイト
タイ格安旅行写真日記6の続きです。

この日が最終日になります



この日の午前中は子供たちの希望でホテルのプールで遊びました♪
もちろん使用料は無料です。
ツアーで使うホテルはあらかじめ分かっていたので、ネットでプールがあるか調べて行きました。
なので、水着、浮き輪もバッチリ用意していきました。
バスタオルはホテルのものを使いました。
タイのホテルは中級以上だとプールがあるところが多いようです☆

でも、心配なのは水。
タイは水道水を飲む事が出来ない国なので、プールの水も何となく不安~!!

添乗員さんに聞いてみたところ、ホテルのプールは大丈夫だと言う事です。
公営のプールは混んでいて水が汚いけれど、ホテルのプールはすいてるし、自分も子どもの頃私たちが泊まるホテルのプールで泳いで水を飲んだけれどお腹を壊さなかったと言うのを信じて入りました。

20061125232435.jpg


確かにすいている!!私たちが泊まったのは、ツアー客が御用達のホテルなので余計に利用者が少ないのかな?


20061125233232.jpg



パパ大活躍!!


20061125233259.jpg


いい笑顔でしょ?
2時間弱遊びました。

私の水着写真は?
そんなもの、もちろんありません!

それどころか泳いでさえいないのです。
子供らを主人に任せ、写真撮影を済ませたら、後はお土産を選びに行っちゃいました♪
子供がいないとゆっくり見れるわ~

ホテルの2階、3階はショッピングセンター?やレストランがあるので、5階のプールで泳いでいる間にちょと・・・と言う事が可能なのです☆

お土産やさんとして使えるのはホテル内に3軒ほどですが、意外に安くてビックリです!!

ナイトバザールや水上マーケットより安いものもいっぱいあってちょっと悲しいような、嬉しいような・・・。

そこでは手書きのティーセットを母用のお土産に、ペアのカップを妹夫婦に土産用に買いました。こちらも手書きです。金がいっぱい入っていて模様が細かくてとっても綺麗でした♪
モノから考えると格安です!!
写真を撮れなかったのが残念!

代わりに、長女の買ったリング付のブレスレットを載せますね♪20061125233343.jpg


中々素敵でしょ?娘が大好きな「王家の紋章」に出てくるキャロルがこういうデザインの指輪をしていたので、すごく喜んでいました☆

値段は約300円。でも、子供の扱いは荒いのか?これも今では指輪とブレスレットが別れ別れになっちゃいました
ちょっと作りは弱いですね。



その後、泊まったホテルで昼食を取りました。子供たちはお姉さんたちのストーカーと化し、もはや親など視界に入っていません。
それだけ可愛がってくれたんですよね~♪
ありがたいな~!

20061125233450.jpg


メニューはタイスキです♪
これはまさに鍋ですね☆
美味しかったです。たまちゃん、覗き込んでいます☆


20061125233517.jpg


その後、思い出にと、皆で記念撮影しました。
短い間でしたが、縁あって皆さんと一緒に旅できて楽しかったと同時に、今日でもうタイや皆とお別れかと思うと、寂しかったり・・・。
20061125233545.jpg



さて、タイ旅行記、もう1回だけ続きます。

いよいよアユタヤの遺跡にいきますヨ!
ではまた~♪







激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!
タイ旅行の続きを書こうかと思いましたが、忘れないうちに復習もかねてこちらを先に書かせてくださいね





幼稚園では役員のママたちが企画する様々な講習会があります。

今日は呼吸と心臓が止まった人を蘇生させる救急救命講習会に行って来ました。


講師は現役の救急隊の隊員さん。

毛布の上に人形を置いてやるのですが、この人形、上半身だけで腕も無いのにけっこうリアルです。

まず、人工呼吸の仕方。

1・あごを上げて軌道を確保。
  (間違っても枕を当てて止めをささないようにとのことです。)

2・息をしているか確認し、片手で額を押さえながら鼻をつまむ。

3・他人であればハンカチ等を当てて2回息を吹き込む。


その後心臓マッサージ

1・心臓そのものではなく胸骨(胸の真ん中のあたり)を15回押す。お年寄りだと骨が折れることもあるけれど命を優先して気にせずやる。看護婦のお友達も何回か折ったことがあるそうな・・・。)

押すスピードは1分間に100回のスピードだそうだが、分からなければドラえもんの歌をこころの中で歌ってあのリズムでやるといいそうです。

(あんなこっといいな~♪)

ちなみに声に出すと白い眼で見られます。


人工呼吸と心臓マッサージを交互に繰り返しながら助を待ちますが、
まずは何をおいても救急車の出動要請ですね。


講習会も終わりに近づく頃、ほんとうの出動要請がかかり、1人を残して皆さん去っていかれました。


もっと堅苦しい講習かな~と思っていましたが、ユーモアたっぷりに分かりやすく教えてくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです!

いざと言う時・・・何てこない方が良いに決まっていますが、ちゃんと覚えておこうと思いました。

タイ格安旅行写真日記5の続きです。(2つほど違う話題が入りました)


水上マーケットの次はローズガーデンに行きました。
そこでは象のショーが見れます。

入り口には小象がおり、30バーツ払うと一緒に記念写真が撮れます。
私たち家族はご想像通り引っかかりました。

20061022113924.jpg



その隣に金色?のニシキヘビがいてそこでも80バーツ(だったような)そこでも我が家は引っかかりました。

次女は怖い者知らずなので大蛇を首に巻いてニコニコしていました。



長女は怖い者いっぱいなタイプなので次女が首に巻いても大丈夫なのを確認してから首に巻いていました。



1つ目は横に写ってしまいましたがよろしかったら見てください。
ケコさんに教えていただいた動画初チャレンジです♪
自動的に広告が入っちゃうのですが、割と簡単に出来ました☆
わ~い!



20061117153341.jpg


象さんの芸はユーモアたっぷり、それに丸太を引っ張ったり、力持ちなところを見せてくれました♪

でも、こんなハラハラする芸も・・・。
20061117153655.jpg


絶対に大丈夫と思っていても、人間を踏んでしまわないかドキドキしました。20061117154348.jpg



象の次は人間のショーを見ました。
添乗員さんの指示により、先によい席にハンカチなどを置いていたのでとても近くで見ることが出来ました♪
このタイボクシングはショーなので本気ではありませんが面白かったです。

20061117154730.jpg


後はいろんなショート劇や踊りがありました。
子供もたくさん出ていました。20061117154902.jpg


持っているセンスはここのお土産やさんで買いました。
安くてとっても綺麗でしたが、残念な事にあっという間に壊れてしまいました。
でも、暑かったので役に立ったようです。
20061117155137.jpg


その後、民族舞踊を見ながら食べれるお店で夕食を取りました。20061117155313.jpg




20061117155839.jpg

みんなで乾杯!!
こじんまりしたツアーならではの楽しさです♪


ショーの最期にお客さんが上がれる機会があったのですかさず子供たちをけしかけました。

20061117155508.jpg


すっごくにこにこして踊っていました♪

その後、お決まりの例のものが回ってきました。
そう、有料の記念撮影です。

・・・やっぱり撮りました。
記念と言う言葉に弱い私たちでした・・・。

20061117155802.jpg

最近テレビをつけると子供の自殺やいじめ問題でいっぱいです。


タイ旅行記は次こそ書くつもりですが、ちょっともやもやしているのでこちらを先に書こうかと思います。


いじめによる自殺は昔からあったけれど、最近はあまりに多くビックリします。

また、内容も陰湿で、テレビのレポーターが言うには、いじめた本人へ質問したら平気な顔で

「自分はやっていない。やったのは●●だ。」

と、罪をなすりつけていたようです。


自殺した中学生の葬儀当日、参列したいじめっ子たちは棺おけを覗きこんで笑ってふざけて死者を冒涜するような事を言ったという証言もあります。
更に後日調査したらもう他の子をいじめていたとか。

この子達にとってはいじめはゲームであり、たまたまターゲットになってしまったら、いじめられた子は学校に行かないか、死を選ぶしか逃げ場が無いようです。

学校に行かない事を親が許してくれれば良いけれど、そうでない場合もあるだろうし、打ち明ける事も出来ない場合もあると思う。



いつも思うのだけれど、何故いじめられる子供だけが全てを負わなければならないのだろう。

いじめる方をばらばらに転校させるか、発覚したら出席停止にするぐらいの強い処置をとってもいいのでは良いのではないかと思います。
それが出来ないのなら休み時間はいじめに行かせないよう別室に呼んで奉仕活動でもやらせるべきです。

もちろん報復の恐れはあるけれど、誰の目にもハッキリとした処罰をしないと自殺に追い込んでも罪の意識も無く次のターゲットを求めるようになってしまう。
それは、いじめた子供の矯正の機会を奪う事にもつながると思う。
いじめっ子は本当は弱いから、まずばらばらにして自分で考えられる機会を与えないといけない。



あと、学校からのいじめの報告だけれど、明らかにおかしい。
まず、学校が客観的に見れるわけが無い。
テレビの対応を見ても思うが、うやむやにされてしまうのがおちだ。

20万も恐喝されても、報告書には

児童間の金銭トラブル

・・・としか報告されなかったとか。
しかも、親が、これからいつものように恐喝されるから現場を押さえてほしいと学校に要請しても断ったとか。
これでは子供は学校に行く事をやめるか死ぬかしかないと思い込んでも仕方が無い。


いじめの報告は無記名アンケート方式にして、しかも学校とは無関係な機関が調査しないといけない。
いじめの報告があってもその後学校に任せたら

当事者を呼んで話し合わせ仲直りさせた

と言うに決まっている。
それでは解決どころかますます影でいじめられるだけだ。
後日外部の機関が本当に解決したか調査しないといけないと思う。

安易に死を選ぶのはいけないが、自殺した子供は安易に死を選んでいるだろうか?
目も前にロープがあって、そこに首を入れたら苦しい事は誰にでも分かる。直前まで怖くて苦しいに決まっている。

大罪を犯した死刑囚でさえ、死刑は恐れ、いつ自分の番が来るかびくびくしているという。

それなのにまだほんの子供が今日死のうか、明日死のうかと考えたのかと思うと胸がつぶれる思いです。


心の教育と綺麗ごとを言う前に、悪いことは悪いのだと小さな子供にも分かるようにきちんと対処して欲しい。
やり得なんて事があってはならないし、葬式で死者をあざ笑ったり、また他の子供をいじめるなんて事が起こっては絶対にあってはいけない。

いじめた子は隔離してカウンセラーをつけきちんと人としての心を身につけさせなければならない。
いじめた子だって何か問題があるからそうなったと思う。
矯正は難しいと思うけれど表面的にやるのではなく徹底的に3年ぐらいかけてやってほしい。

親に問題があるときは引き離してでもきちんとした大人のいる施設に引き離して愛情と厳しさを持って指導してほしい。

日本の教育には深い愛情というものも無く、真剣な厳しさも無い。
子供たちは大人をなめているし、ばれなければ何をやってもいいと思う子さえいる。(ばれても気にしない子もいる)

今の教師に任せるのはあまりにも酷だけれど、スクールカウンセラーを学校にもっと置くことは出来ないのか?

しかも、相談にこれない子の事も考えて、休み時間に教室にいる事は出来ないのだろうか?

お金の問題もあるし、学校の面子の問題もあるけれど、地域社会が弱くなっている今、子供たちは目に見えて変わってきている。

うちの学校でも2年生の男子で切れやすい子がいる。
あざができるまで殴ったり、泥水に入れと命令したり。
うちの子は幸いまだ被害にあっていないけれど、同じクラスなので人事ではありません。
先生はアテにはならないようだし・・・。
(ある父兄は先生に相談した後相手の親に電話しようとしたら先生に子供どうしのことだから電話しないで下さいと言われたそうです。
あざになるほど殴られ、服も破られたのに相手の父兄は知らないのか、お詫びの電話も無く、相手の子は相変わらずです。)

また、6年生の複数の生徒間に売春があったことが分かっていますが、もちろんもみ消されました。(そのおそまつな経緯もお母さんたちの証言から分かっています)

悪いことは悪いと、心に染みるほど知る機会の無い今の子供はかわいそうです。
矯正の機会も無くそのまま大人になってしまいます。

無念のうちに絶望して亡くなった子供たちのためにも今後はもっと父兄などからも広く声を拾い集めて制度を改善していって欲しいものです。

タイ旅行記の途中ですが、あまりにも季節はずれになりそうですので先にこども英会話のミネルヴァでやったハロウィンの事を書くことにしました

ブログのタイトルにこども英会話とつけながら、この頃英会話に関しての話題が少ない気が・・・。



それはともかく、お姉ちゃん、次女共にこども英会話のミネルヴァでハロウィンレッスンをしました!!

教室はハロウィンの飾りでスッゴク華やかで見ているだけでワクワクします♪
あまりにも大量に素敵に飾っているので先生に

「この飾りって、ミネルヴァ本部から支給されるのですか?」
・・・と聞いたら、

「いいえ、ほんの1部を除いて先生たちで持ち寄りしています。」

・・とのことです。
先生も大変ですね~!!(でも楽しんで買っているようにも見える)


さて、ミネルヴァでは、ハロウィンは参観日ではないのですが、オバちゃん根性を丸出しにして、

「あの~、せっかくなので見学させていただくわけにはいかないですか~・・・?」
と、出来るだけかわいらしく聞いてみました。←余計に気持ち悪い?

一瞬たじろいだ(ように見えた)先生ですが、快くOKしてくださいました♪(多分)
そして我も我もと他の父兄も続き、結局参観日のようになったしまいましたが、大手なのにこういうアットホームな融通が利くのは嬉しい限りです!!

レッスンはいつもにもまして盛り上がっていました♪
子供たちも女の子はお姫様か魔女、男の子はお化けになって楽しそう!!
その姿でなりきって自己紹介をしていました。

カードゲームは今回は主にモンスター系を覚えていました。
スケルトンやバンパイヤーは分かっても、マミー(ミイラ)は知らなかったな~!!(このカードは教材に含まれていない)
他にも参考になりました♪

写真を撮りたかったのですが、授業の邪魔になるといけないので撮れませんでした。

こども英会話のミネルヴァでは、1年に1回要望を書けるアンケートを提出する事になっているので他の父兄と一緒にハロウィンの日を公式の参観日にしてもらえないか書いてみようかな~?


タイ格安旅行写真日記4の続きです。←の部分にリンクを張ろうと重いながらいつも「明日~・・・」なんて思ってしまう私でした。すみません



さて本題です♪


タイでのホテルはツインタワーというところに泊まりました。
外見はやや古いけれど中はゴージャスでした♪
ここは個人で泊まるには交通の便が悪いそうですが、結構でっかいし部屋も広いのお得です。
ツアーでならバスが送迎してくれるので交通の便が悪くても問題なし!!

実はツアーについていた基本ホテルは別のでした。
でもパンフレットに書いてある5つのホテルのうちどれになるかは当日にならなければどこか分からないのです。
一応全部のホテルをネットで調べましたが3つのホテルは凄く評判が悪くて安全にも疑問があるようでした!!

そこで追加料金(多分)1000円を払ってランクアップしました。

残り二つのホテルはなかなか良さそうでしたが、賭けですものね。
3泊分でこの値段なら子供連れだしやっぱりこっちです。

ここは朝ごはんがバイキングでしたが洋食、タイ食、中華風?と充実していてとても良かったです。

朝食は1階のレストランと5階のレストランで食べる事が出来ます。
1回は品数が充実していて2回食べ、5階のプールサイドはそれに比べるとやや少なかったのですがプールサイドで食べれて楽しかったです♪
20061022113545.jpg


うっかり主婦初公開!!←他に良い写真が無かったのでしぶしぶ公開・・・。

皆さんのイメージどうりでしたか?
それとも全然でしたか?

その後水上マーケットに行きました♪
20061022113739.jpg


小船に乗り込むので水面が間近に見え、しかも木々がまるでジャングルのようで大迫力です!!
20061022113803.jpg


到着した場所では手書きのTシャツと果物を買いました。
ドリアンは最近はあまり臭わないように品種改良されているものも出回っていて思ったほど臭くありませんでしたが美味しいわけではありませんでした。
食べるのはこれで3回目で、どれも口に合わなかったのですが。

「ドリアンは果物の王様!!こんなにまずいはずが無い!!
きっとたまたま品物が悪かったんだ!!!」
・・・という思い込みのために何度もチャレンジしてしまいましたがやっぱり同じ味でした。

でも、一緒に食べてくれたお姉さんの中に美味しいと言っていた人もいるのであくまでも私の主観であり、チャレンジできそうならどんどんやってください!!!

ちなみに私が美味しいと感じたのはマンゴーです!!
スイカもあったけれど日本のほどには甘くないかも

20061022113901.jpg

20061022113845.jpg


ではちょっと短いですがまた次回!!
格安タイ旅行写真日記4の続きです。


タイといえばタイ式マッサージ!!
これは痛いマッサージとしても有名です。
そのせいか、タイ旅行のパンフレットには

12歳以下のお子様はご利用頂けません。

と、書いてありました。
もちろん、

その場合の返金もございません

とも書いてありました。
世の中厳しい・・・。


ですが、添乗員さんのご好意で娘たちもなんちゃってマッサージを受ける事が出来たのです!!
タイマッサージのお姉さんは皆親切で子供好きでした♪
英語、タイ語、日本語が入り混じりながらも子供たちは楽しくゲラゲラ笑いながらマッサージを受けていました。

20061022113044.jpg


こちらがその様子です。
カーテンで一人ひとり区切られるのですが、今回は家族という事で開けっ放しです。

思ったより痛くもなくとっても気持ちよかったです♪
長旅の疲れが結構取れました。

でも、もしかしたら食事と同じで外国人は手加減してくれる店につれていかれたのかな?


渡された着替は、ラピュタのシータが海賊のオバサマに貸してもらったズボンを思い起こさせるような面白い幅広ズボンでした。

夜はターンテーブルを使った中華料理とタイ料理の混ざった食事でした。美味しかったです。
20061022113505.jpg



その後ナイトバザールへ・・・。


お友達の子供にお土産を買って帰るつもりでしたが、20人以上いるのでツアーで連れて行ってくれるような高っか~いお店だと破産してしまうのでないとバザールで色々探しました。
女の子用には可愛いブレスレットを男の子用には象のキーホルダーをけっこう安く買えました♪

でも途中で次女が寝てしまったのです!!
4歳児といえども眠ると本当に重い!!
パパと交互に抱っこしながら見て回りましたがとっても辛かったです


20061022113442.jpg


上はナイトバザールのすぐ近くにあった路地のミニ遊園地です。
入園料は無く、ナイトバザールのあちこちに?遊具があり、とっても目立つので集合場所になりました。

これでやっと1日目が終わりです。
何回で完結するかな?

次回格安タイ旅行写真日記5に続きます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。